ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー



最近の更新



Tag Cloud

タグ#
6
10
1
3
1
2
17
7
1
1
6
9
4
1
2
182
1
4
2
7
14
5
1
25
2
3
1
6
1
1
33
1
3
3
1
1
1
1
1
1
13
45
7
9
10
5
10
3
2
2
8
2
2
6
3
1
1
4
7
4
2
2
2
1
7
2
4
1
3
24
2
12
2
3
1
1
2
2
1
1
1
4
2
2
4
2
2
1
1
2
1
1
1
2
1
26
2
1
2
2
2
1
1
2
3
12
4
7
1
1
2
9
1
3
1
1
7
1
1
1
1
1
8
1
4
2
1
1
1
3
3
5
1
2
1
1
7
3
1
10
1
1
4
1
2
1
2
7
2
1
3
1
1
3
1
2
1
2
2
2
1
2
3
1
1
3
2
1
3
1
3
3
2
1
1
7
1
3
3
1
1
1
1
5
1
27
2
1
2
1
2
2
3
1
1
1
2
1
2
1
1
1
3
1
1
1
2
2
2
1
1

11_php:04_variable_type

04 変数の型

PHPは、8種類の基本型をサポートします。

4種類のスカラー型

-論理値(boolean)
-整数(integer)
-float (浮動小数点数, 'double'も同じ)
-文字列(string)

2種類の複合型

-配列(array)
-オブジェクト(object)

そして、最後に2種類の特別な型

-リソース(resource)
-ヌル(NULL)

論理型(boolean)

boolean は、真偽の値を表 します。この値は、TRUEまたはFALSEのどちらかになります。
booleanリテラルを指定するには、キーワードTRUE またはFALSEを指定してください。両方とも大文字小 文字に依存しません。

 <?php
 var_dump((bool) "");        // bool(false)
 var_dump((bool) 1);         // bool(true)
 var_dump((bool) -2);        // bool(true)
 var_dump((bool) "foo");     // bool(true)
 var_dump((bool) 2.3e5);     // bool(true)
 var_dump((bool) array(12)); // bool(true)
 var_dump((bool) array());   // bool(false)
 var_dump((bool) "false");   // bool(true)
 ?> 

整数(integer)

整数(integer)は、10進数(基底10)、16進数(基底16)、8進数(基底8)表記 で指定可能です。
オプションで、符号(-または+)を前に付けることが可 能です。

 <?php
 $a = 1234; // 10進整数
 $a = -123; // 負の数
 $a = 0123; // 8進数 (10進数の83と等価)
 $a = 0x1A; // 16進数 (10進数の26と等価)
 ?>

float (浮動小数点数, 'double'も同じ)

 <?php
 $a = 1.234; 
 $b = 1.2e3; 
 $c = 7E-10;
 ?> 

文字列(string)

PHPでは、文字は1バイトと同じ です。つまり、256個の異なる文字を使用可能です。

 $beer = 'Heineken';
 echo "$beer's taste is great"; // 動作します。"'" は変数名として無効な文字です。
 echo "He drunk some $beers"; // 動作しません。's' は、変数名として有効な文字です。
 echo "He drunk some ${beer}s"; // 動作します。
 echo "He drank some {$beer}s"; // 動作します。
11_php/04_variable_type.txt · 最終更新: 2014/12/15 16:08 by matsui

Yesterday:284 Today:016 Total:12625