ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー



最近の更新



Tag Cloud

タグ#
6
10
1
3
1
2
17
7
1
1
6
9
4
1
2
182
1
4
2
7
14
5
1
25
2
3
1
6
1
1
33
1
3
3
1
1
1
1
1
1
13
45
7
9
10
5
10
3
2
2
8
2
2
6
3
1
1
4
7
4
2
2
2
1
7
2
4
1
3
24
2
12
2
3
1
1
2
2
1
1
1
4
2
2
4
2
2
1
1
2
1
1
1
2
1
26
2
1
2
2
2
1
1
2
3
12
4
7
1
1
2
9
1
3
1
1
7
1
1
1
1
1
8
1
4
2
1
1
1
3
3
5
1
2
1
1
7
3
1
10
1
1
4
1
2
1
2
7
2
1
3
1
1
3
1
2
1
2
2
2
1
2
3
1
1
3
2
1
3
1
3
3
2
1
1
7
1
3
3
1
1
1
1
5
1
27
2
1
2
1
2
2
3
1
1
1
2
1
2
1
1
1
3
1
1
1
2
2
2
1
1

11_php:10_class

10 Class

PHPではオブジェクト指向と呼ばれるプログラミング手法を利用することができます。
オブジェクト指向を導入すると、プログラムの再利用性・保守性が向上し、効率よくプログラミングを行うことができます。

オブジェクトはクラスを雛形として作成します。
クラスは変数と関数を持つことができ、データをまとめて管理することができます。
別々に変数や関数を定義するよりも保守性を向上させることができます。
「クラスからオブジェクトを作成する」作業は、よく「設計図から部品を作成する」作業に例えられます。

ただ、はじめのうちはオブジェクト指向のメリットは解りにくいかもしれません。その場合は無理にオブジェクト指向を導入する必要は無いと思います。
ですが、オブジェクト指向の考え方を基に設計されたライブラリは多く存在するので、それらを使用するために最低限の知識は持っておいた方がいいでしょう。

<?php

//Mathクラスを作成
class Math {
  //プロパティを定義
  public $number1;
  public $number2;

  //メソッドを定義
  function add() {
    return $this->number1 + $this->number2;
  }
  function minus() {
    return $this->number1 - $this->number2;
  }
}

//Mathクラスのオブジェクトを作成
$math = new Math;

//プロパティに値を代入
$math->number1 = 7;
$math->number2 = 5;

//メソッドを実行して結果を取得
$result1 = $math->add();
$result2 = $math->minus();

echo "足し算の結果は{$result1}、引き算の結果は{$result2}です。";

?>

スコープ演算子

<?php

//Messageクラスを作成
class Message {
  //メソッドを定義
  function hello() {
    return "こんにちは";
  }
  function bye() {
    return "さようなら";
  }
}

//Messageクラスのメソッドを実行
$message1 = Message::hello();
$message2 = Message::bye();

echo "変数message1の内容は{$message1}、変数message2の内容は{$message2}です。";

?>

==== クラス・オブジェクト関係関数 ====

[[http://php.plus-server.net/ref.classobj.html]]
11_php/10_class.txt · 最終更新: 2017/02/14 15:14 by matsui

Yesterday:284 Today:012 Total:12621