ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー



最近の更新



Tag Cloud

タグ#
6
10
1
3
1
2
17
7
1
1
6
12
4
1
2
205
1
6
2
7
14
5
1
27
3
3
1
6
1
1
42
1
3
3
1
1
1
1
1
1
24
46
7
9
10
5
10
3
3
2
8
2
2
6
5
1
1
4
9
4
3
3
2
1
8
2
4
1
5
27
2
12
2
3
1
1
2
2
1
1
1
4
3
2
4
2
2
1
1
2
1
2
1
2
1
27
2
1
2
2
2
1
1
2
3
14
5
8
1
1
2
12
1
5
1
2
7
1
1
1
1
1
8
1
5
2
1
1
1
3
3
10
1
2
1
1
7
3
1
10
1
1
4
1
2
1
2
7
2
2
3
1
1
3
1
2
1
2
2
2
1
2
3
1
2
3
4
1
3
1
3
3
2
1
1
7
1
3
3
1
1
1
1
5
1
33
2
1
2
1
2
2
3
1
1
1
3
1
2
1
1
1
3
1
1
1
2
4
2
1
1
1
3
1
2
4
2
1
2
1
2
1
1
2
1
1
1
2
1
1
2
02_freebsd:80_unixコマンド:diff

diff

機能

diffコマンドは、引数として指定された2つのファイルの差分を標準出力に出力します。
ファイル名としてハイフン(-)を指定すると、標準入力から入力された内容と比較します。
diffコマンドを用いると、プログラムのソースファイルなど、テキストファイルの相違点が分かります。
プログラムのバージョンアップ前とバージョンアップ後でどのようにソースが修正されたか、
仕様書やマニュアルのどこが変更されたかなどを調べることができます。

構文

diff [オプション] ファイル名1 ファイル名2

オプション

 -a            テキストファイルでなくてもテキストとみなして比較する。
 -C 行数        違っている行の前後も行数に指定された行数文表示する。
 -i            大文字と小文字の違いを無視する。 
 -w            空白を無視して比較する。

コマンド例

 $ cat a.doc
 esprit
 elise
 $ cat b.doc
 esprit
 elite
 elan
 $ diff a.doc b.doc
 2c2,3                        
 < elise                     ファイル1(a.doc)にはeliseという行が追加されている。
 ----
 >elite                      ファイル2(b.doc)にはファイル1からelite,elanの行が
 >elan                       追加されている。
02_freebsd/80_unixコマンド/diff.txt · 最終更新: 2015/05/21 11:45 by matsui

Yesterday:1511 Today:1377 Total:84674