ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー



最近の更新



Tag Cloud

タグ#
6
10
1
3
1
2
17
7
1
1
6
12
4
1
2
222
1
6
2
7
16
5
1
27
3
3
1
6
1
1
43
1
3
3
1
1
1
1
1
1
26
46
7
9
10
6
10
3
3
2
9
2
2
6
5
1
1
4
9
4
3
3
2
1
8
2
4
1
5
27
2
12
2
3
1
1
2
2
1
1
1
4
3
2
4
2
2
1
1
2
1
2
1
2
1
27
2
1
2
2
2
1
1
2
3
15
5
8
1
1
2
13
1
5
1
2
7
1
1
1
1
4
8
1
5
2
1
1
1
3
3
11
1
2
1
1
9
3
1
10
1
1
4
1
2
1
2
8
2
2
3
1
1
3
1
2
1
2
2
2
1
2
3
1
3
3
4
1
3
1
3
3
2
1
1
7
1
3
3
1
1
1
1
5
1
33
2
2
2
1
2
2
3
1
1
1
3
1
2
1
3
1
3
1
1
1
2
4
2
1
1
1
3
1
2
4
2
1
2
1
7
1
1
2
1
1
1
2
1
1
2
1
1
1
1
1
1
1
1
01_linux:12_ツール:16_xfs_repair

16 xfs_repair

CentOS7からファイルシステムがxfsになった。

今度はファイルシステム壊れた時に、xfs_repairを行う必要がありそう。

チェックのみ

# xfs_repair  -n /dev/sda

通常実行

# xfs_repair  /dev/sda

強制実行

ログを強制的に消去(ゼロで初期化)する。ログが破損していて修復できない場合に使用
破損したファイルは/lost+found/に入る。

# xfs_repair -L /dev/sda

エラー

# mount /dev/sda /mnt
mount: Structure needs cleaning

ログが破損していて再生できない場合-Lオプションで実行するしか無い。
-L オプションは、ログを再生できない場合にのみ使用し、このオプションはログ内のすべてのメタデータの更新を破棄し初期化します。
その結果不整合が生まれinodeが不明なファイルは、/lost+found/に置かれます。

# xfs_check /dev/sdb
ERROR: The filesystem has valuable metadata changes in a log which needs to
be replayed.  Mount the filesystem to replay the log, and unmount it before
re-running xfs_check.  If you are unable to mount the filesystem, then use
the xfs_repair -L option to destroy the log and attempt a repair.
Note that destroying the log may cause corruption -- please attempt a mount
of the filesystem before doing this.
01_linux/12_ツール/16_xfs_repair.txt · 最終更新: 2019/02/15 17:22 by matsui

Yesterday:2582 Today:2298 Total:10594