ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー



最近の更新



Tag Cloud

タグ#
6
10
1
3
1
2
17
7
1
1
6
9
4
1
2
182
1
4
2
7
14
5
1
25
2
3
1
6
1
1
33
1
3
3
1
1
1
1
1
1
13
45
7
9
10
5
10
3
2
2
8
2
2
6
3
1
1
4
7
4
2
2
2
1
7
2
4
1
3
24
2
12
2
3
1
1
2
2
1
1
1
4
2
2
4
2
2
1
1
2
1
1
1
2
1
26
2
1
2
2
2
1
1
2
3
12
4
7
1
1
2
9
1
3
1
1
7
1
1
1
1
1
8
1
4
2
1
1
1
3
3
5
1
2
1
1
7
3
1
10
1
1
4
1
2
1
2
7
2
1
3
1
1
3
1
2
1
2
2
2
1
2
3
1
1
3
2
1
3
1
3
3
2
1
1
7
1
3
3
1
1
1
1
5
1
27
2
1
2
1
2
2
3
1
1
1
2
1
2
1
1
1
3
1
1
1
2
2
2
1
1
1

bash:02_parameter_variable

02 パラメータ変数

シェルスクリプトは引数を利用することができ、bashに初めから用意された特殊な変数を使用し参照することができる。

これらの変数は参照するもので、値を代入することはできない。

変数 説明
$n nは数字であり、$0はシェルスクリプト名、以降$1、$2…は第1引数、第2引数…である。
第10引数以降は${10}、${11}…で参照する。
$# 与えられた引数の個数
$@ $0以外の全ての引数(“$@“のようにダブルクォーテーションで囲んだ場合”$1” “$2” …“のように個別に展開される。)
$* $0以外の全ての引数(”$@“のようにダブルクォーテーションで囲んだ場合”$1 $2 …“のように展開される。)
$? 最後に実行したコマンドの終了ステータス
$! 最後に実行したバックグラウンドコマンドのPID
$$ シェルのPID
$- 現在のオプションフラグ

Shinya Matsui 2012/08/01 11:53

bash/02_parameter_variable.txt · 最終更新: 2015/05/08 15:11 by matsui

Yesterday:275 Today:170 Total:13311