ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー



最近の更新



Tag Cloud

タグ#
6
10
1
3
1
2
17
7
1
1
6
12
4
1
2
201
1
6
2
7
14
5
1
27
3
3
1
6
1
1
41
1
3
3
1
1
1
1
1
1
23
46
7
9
10
5
10
3
3
2
8
2
2
6
5
1
1
4
9
4
3
3
2
1
8
2
4
1
5
27
2
12
2
3
1
1
2
2
1
1
1
4
3
2
4
2
2
1
1
2
1
2
1
2
1
26
2
1
2
2
2
1
1
2
3
13
5
8
1
1
2
12
1
5
1
2
7
1
1
1
1
1
8
1
5
2
1
1
1
3
3
10
1
2
1
1
7
3
1
10
1
1
4
1
2
1
2
7
2
1
3
1
1
3
1
2
1
2
2
2
1
2
3
1
2
3
4
1
3
1
3
3
2
1
1
7
1
3
3
1
1
1
1
5
1
32
2
1
2
1
2
2
3
1
1
1
3
1
2
1
1
1
3
1
1
1
2
4
2
1
1
1
3
1
2
4
2
1
2
1
1
1
1
2
1
1
50_dialy:2020:06:09

2020.06.09 iscsid のtimeout

参考
node.conn[0].timeo.noop_out_interval(デフォルト5秒)
pingによるコネクションの死活監視間隔

node.conn[0].timeo.noop_out_timeout (デフォルト5秒)
pingによるコネクションの死活監視がコネクションエラーと判定するまでの待ち時間

node.session.timeo.replacement_timeout(デフォルト120秒)
コネクションエラーが発生してからI/Oエラーを返すまでの待ち時間。この時間までに死活監視がコネクション復帰を報告すればI/Oエラーは返らない。

デフォルト設定で障害が発生した場合、下記のような流れとなります。

死活監視のpingが発行される(タイミングによって障害発生から1〜5秒経過)
pingがタイムアウトする(+5秒経過)
継続して死活監視のpingが発行され、最終的にpingが成功しないとOSにI/Oエラーが返る(+120秒経過)
ASMがI/Oエラーを検出して障害ストレージを切り離し、残りのストレージで処理を再開する(即時)

50_dialy/2020/06/09.txt · 最終更新: 2020/06/09 07:48 by matsui

Yesterday:822 Today:435 Total:01257