ユーザ用ツール

サイト用ツール


11_php:02_framework:01_laravel:39_relative_path_in_config

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

11_php:02_framework:01_laravel:39_relative_path_in_config [2019/07/17 10:30]
matsui 作成
11_php:02_framework:01_laravel:39_relative_path_in_config [2019/07/18 08:17] (現在)
matsui
ライン 1: ライン 1:
-====== 39 Laravel config内で相対パス ======+====== 39 Laravel config内でパス ======
  
 検証・本番とあって、各環境にpullしたい場合、 検証・本番とあって、各環境にpullしたい場合、
-config内で相対パス利用した場合がある +config内にid_rsaいててconfig_path()を利用する。
-そのままのパスだと、DocumentRootを参照しているので、そこからの相対パスを書いてあげれば良い+
  
 <​code>​ <​code>​
ライン 12: ライン 11:
             '​username' ​ => '​root',​             '​username' ​ => '​root',​
             '​password' ​ => '',​             '​password' ​ => '',​
-            '​key' ​      => '../config/id_rsa',​+            '​key' ​      ​=> ​config_path('​id_rsa'​),
             '​keytext' ​  => '',​             '​keytext' ​  => '',​
             '​keyphrase'​ => '',​             '​keyphrase'​ => '',​
11_php/02_framework/01_laravel/39_relative_path_in_config.txt · 最終更新: 2019/07/18 08:17 by matsui

Yesterday:213 Today:037 Total:06833