ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー



最近の更新



Tag Cloud

タグ#
6
10
1
3
1
2
17
7
1
1
6
12
4
1
2
224
1
6
2
7
16
5
1
27
3
3
1
6
1
1
43
1
3
3
1
1
1
1
1
1
27
46
7
9
10
6
10
3
3
2
9
2
2
6
5
1
1
4
10
4
3
3
2
1
8
2
4
1
5
27
2
12
2
3
1
1
2
2
1
1
1
4
3
2
4
2
2
1
1
2
1
2
1
2
1
27
2
1
2
2
2
1
1
2
3
15
5
8
1
1
2
13
1
5
1
2
7
1
1
1
1
4
8
1
5
2
1
1
1
3
3
11
1
2
1
1
9
3
1
10
1
1
4
1
2
1
2
8
2
2
3
1
1
3
1
2
1
2
2
2
1
2
3
1
3
3
4
1
3
1
3
3
2
1
1
7
1
3
3
1
1
1
1
5
1
34
2
2
2
1
2
2
3
1
1
1
3
1
2
1
3
1
3
1
1
1
2
4
2
1
1
1
3
1
2
4
2
1
2
1
7
1
1
2
2
1
1
2
1
1
2
1
1
1
1
1
1
1
1
11_php:01_twig:02_autoescape

02 twig自動エスケープ(autoescape)

twigではクロスサイトスクリプト防止の為、自動エスケープがデフォルトで有効になっています。

1.twig側で設定する場合

「autoescape false」で囲んであげると、autoescapeを無効にできます。

{% autoescape false %}
{{ vm.memo|escape|replace({'\n':'<br />'}) }}
{% endautoescape %}

2.コントローラ側で設定する場合

registerの時に「'autoescape' ⇒ false」としてあげるとautoescapeを無効にできます。

// autoescapeを無効にする。
$app->register(new Silex\Provider\TwigServiceProvider(), array(
	'twig.path' => __DIR__ . '/views',
	'twig.options' => array(
	'autoescape' => false,
	),
));

編集表示の時に指定

下記のようにe(escape)でエスケープ
raw でそのまま表示
を指定もできる。

{% html = "&uarr;" %}
{{html|e}}
{{html|raw}}
11_php/01_twig/02_autoescape.txt · 最終更新: 2019/03/07 09:41 by matsui

Yesterday:2874 Today:1930 Total:23416