ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー



最近の更新



Tag Cloud

タグ#
9
10
1
3
1
2
17
7
1
1
4
13
4
1
2
291
1
8
2
7
17
5
1
30
3
3
1
6
1
1
45
1
3
3
1
1
1
1
1
1
33
46
7
9
10
7
10
3
3
2
9
2
2
6
8
1
1
5
10
4
3
3
2
1
8
2
4
1
6
30
2
12
2
3
1
1
2
3
1
1
2
4
3
2
4
2
2
1
1
2
1
2
1
2
1
27
2
1
2
2
2
1
1
2
3
16
5
8
1
1
2
14
2
6
1
2
12
1
3
1
1
4
11
1
6
2
1
6
1
3
3
11
1
2
1
1
10
3
1
16
3
1
5
1
2
1
1
2
9
2
2
3
2
1
3
1
2
1
2
2
2
1
2
3
1
4
3
4
1
3
1
3
3
2
1
1
30
1
3
3
1
1
1
3
5
1
36
2
3
2
1
2
2
3
1
1
1
4
1
2
1
3
1
1
1
2
5
2
5
2
1
1
1
5
3
2
4
2
1
2
1
20
1
1
3
4
1
1
2
1
1
2
1
1
1
1
2
1
1
1
1
1
11
6
1
3
1
1
3
1
1
1
1
2
1
1
1
1
1
1
2
1
1
1
1
1
06_virtualization:03_xen:03_xen_limit_on_inbound

03 Xenインバンドに制限をかける

アウトバウンドはTCで行なっている。

Linux OSが提供する帯域幅制限の機能はインターフェイスごとに適用され、そのインターフェイスからのアウトバウンドトラフィックに対して働きます。
従って、そのままではインバウンドトラフィックについては制御できません。

Xenの場合インバウンドトラフィックはvif1.0で制御できます。
なぜならば、vm01のインバウンドトラフィックは、vif1.0にとってはアウトバウンドトラフィックだからです。
このように、xenbrを巧みに利用して、アウトバウンドとインバウンド、両方のトラフィックを制御するわけです。

インバウンドの計算方法

# xm list i3e6lqftov4csw --long
    (device
        (vif
            (bridge j4ihd7fqt3ugjp)
            (uuid fb5d570f-a935-f2d2-72d9-93cad7732065)
            (script /etc/xen/scripts/vif-bridge)
            (ip 8.30.162.23)
            (rate '625000,50000')
            (mac 00:16:3e:63:1e:10)
            (vifname di64zv8eeutfqz)
            (backend 0)
        )
    )
・
・
・

rate '625000,50000'

625000bit * 8 = 5000000bit
5000000bit = 5000k = 5M

50000μsec = 50ms = 0.05s

5M / 0.05s = 100M / 1s

参考サイト
https://access.redhat.com/site/documentation/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/5/html/Virtualization/sect-Virtualization-Tips_and_tricks-Limit_network_bandwidth_for_a_Xen_guest.html

06_virtualization/03_xen/03_xen_limit_on_inbound.txt · 最終更新: 2014/07/04 12:52 by matsui

Yesterday:317 Today:114 Total:22886