ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー



最近の更新



Tag Cloud

タグ#
6
10
1
3
1
2
17
7
1
1
6
12
4
1
2
223
1
6
2
7
16
5
1
27
3
3
1
6
1
1
43
1
3
3
1
1
1
1
1
1
27
46
7
9
10
6
10
3
3
2
9
2
2
6
5
1
1
4
10
4
3
3
2
1
8
2
4
1
5
27
2
12
2
3
1
1
2
2
1
1
1
4
3
2
4
2
2
1
1
2
1
2
1
2
1
27
2
1
2
2
2
1
1
2
3
15
5
8
1
1
2
13
1
5
1
2
7
1
1
1
1
4
8
1
5
2
1
1
1
3
3
11
1
2
1
1
9
3
1
10
1
1
4
1
2
1
2
8
2
2
3
1
1
3
1
2
1
2
2
2
1
2
3
1
3
3
4
1
3
1
3
3
2
1
1
7
1
3
3
1
1
1
1
5
1
33
2
2
2
1
2
2
3
1
1
1
3
1
2
1
3
1
3
1
1
1
2
4
2
1
1
1
3
1
2
4
2
1
2
1
7
1
1
2
2
1
1
2
1
1
2
1
1
1
1
1
1
1
1
05_network:06_different_traceroute_and_tracert

06 tracerouteとtracertの違い

Windowsのtracert と Linuxのtracerouteに違いがありました。

tracert:Windows ⇒ Dstに対してICMPパケットを送信
traceroute:Linux ⇒ Dstに対してUDPパケットを送信

Linux に対して、Pingは通るけどtracerouteを返さない場合は、ICMPは許可されているがudpポートが開いてない場合です。
Traceroute のUDPポートは以下になります。
tracerouteのUDPポートだけを開けたい場合は、33434 to 33534 を明けてあげれば良い。

UDP src port 0-65535, dst port: 33434 - 33534

Linux

Linuxの場合、-I オプションを付ければ、ICMPを利用します。

$ traceroute -I DST

参考

05_network/06_different_traceroute_and_tracert.txt · 最終更新: 2015/06/25 11:33 by matsui

Yesterday:2592 Today:357 Total:16421