ユーザ用ツール

サイト用ツール


02_freebsd:80_unixコマンド:crontab

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

02_freebsd:80_unixコマンド:crontab [2015/05/22 16:05]
matsui 作成
02_freebsd:80_unixコマンド:crontab [2015/05/22 16:05] (現在)
matsui
ライン 1: ライン 1:
 +====== crontab ======
  
 +===== 機能 =====
 +
 +cronとは、指定したアプリケーションを定期的に自動実行する為のデーモンです。
 +日時、曜日など詳細な設定を施す事ができる為、一般的には定時に行なうシステム診断、ログの圧縮といった、定期的に行なう必要のある作業に利用されます。
 +アイデア次第では効率的な運用に非常に役立ちます。
 +
 +===== 構文 =====
 +<​code>​
 +crontab [オプション]
 +</​code>​
 +
 +===== オプション =====
 +
 +|-u|プログラムの所有者を指定|
 +|-l|設定済みのcrontabを表示|
 +|-r|既存のcrontabを削除|
 +|-e|viなどのエディタを起動。編集後crontabを自動的にインストール|
 +
 +==== crontabの書式 ====
 +<​code>​
 + [min] [hour] [day] [month] [week] [command]
 +</​code>​
 +
 +|min(0-60,​*)|分を指定|
 +|hour(0-24,​*)|時を指定|
 +|day(0-30,​*)|日を指定|
 +|month(0-12,​*)|月を指定|
 +|week(0-6,​*)|曜日を指定(0は日曜、1は月曜、2は火曜)|
 +|command|実行するコマンドまたはスクリプトを記述する |
 +
 +===== コマンド例 =====
 +
 +=== crontabの情報を表示する ===
 +<code console>
 + $ crontab -l
 + 0 0 * * *   /​home/​hoge/​logcut.pl ←毎日0時0分にlogcut.plを実行
 +</​code>​
 +
 +=== コマンドの実行結果を決まった時間に送信する。 ===
 +<code console>
 + $ crontab -e
 + 0 0 * * *   /​home/​hoge/​logcut.pl 2>&1 | mail matsui@ma21.ath.cx
 +</​code>​
 +
 +=== リストにする事もできカンマで区切る ===
 +この場合3時6時9時12時
 +<​code>​
 + 00 3,6,9,12 * * *
 +</​code>​
 +
 +=== 0時から12時の毎時23分に実行 ===
 +<​code>​
 + 23 0-12 * * *
 +</​code>​
 +
 +=== 0時、2時、4時、6時、8時、10時、12時の毎時23分に実行 ===
 +<​code> ​
 + 23 0-12/2 * * *
 +</​code>​
 +
 +=== 結果をメールしない ===
 +<​code>​
 + 0 0 * * *   /​home/​hoge/​logcut.pl >/dev/ null 2>&1
 +</​code>​
 +
 +{{tag>​Unixコマンド ジョブ・タスク管理}}
02_freebsd/80_unixコマンド/crontab.txt · 最終更新: 2015/05/22 16:05 by matsui

Yesterday:1656 Today:1025 Total:12004