ユーザ用ツール

サイト用ツール


02_freebsd:04_database:01_mysql:mysql_transaction

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
02_freebsd:04_database:01_mysql:mysql_transaction [2015/09/25 10:13]
matsui
02_freebsd:04_database:01_mysql:mysql_transaction [2015/09/25 12:50] (現在)
matsui
ライン 1: ライン 1:
 +====== MySQL - Transaction ======
 +
 +通常のMyISAM形式のテーブルでは使用できない。
 +
 +
 +[[http://​wiki.bit-hive.com/​tomizoo/​pg/​MySQL%20%A5%C8%A5%E9%A5%F3%A5%B6%A5%AF%A5%B7%A5%E7%A5%F3]]
 +
 +
 +===== トランザクションの開始と完了およびROLLBACK =====
 +
 +トランザクションを開始する。これ以降に入力されたSQLクエリはトランザクションとして扱われる。トランザクションが終った場合はCOMMIT(DBに結果を反映)かROLLBACK(トランザクション開始前の状態に戻す)をする。
 +
 +<Code sql>
 +mysql> START TRANSACTION;​
 +</​Code>​
 +
 +START TRANSACTION以降のクエリをDBに反映させてトランザクションを完了する場合は以下のようにする。
 +
 +  mysql> COMMIT;
 +
 +
 +途中でエラーが発生する等してSTART TRANSACTION以降のクエリを取り消したい場合はROLLBACKする。
 +
 +  mysql> ROLLBACK;
  
02_freebsd/04_database/01_mysql/mysql_transaction.txt · 最終更新: 2015/09/25 12:50 by matsui

Yesterday:760 Today:052 Total:03622