ユーザ用ツール

サイト用ツール


02_freebsd:04_database:01_mysql:mysql_logrotate

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

02_freebsd:04_database:01_mysql:mysql_logrotate [2012/12/13 09:16]
matsui 作成
02_freebsd:04_database:01_mysql:mysql_logrotate [2012/12/13 09:18] (現在)
matsui
ライン 1: ライン 1:
 +====== MySQL - ログローテート ======
 +
 +MySQLのログってnewsyslogなんかに記述しても上手くローテートしてくれません。\\
 +新しいログファイルの使用を MySQL に強制するには、mysqladmin flush-logs を使用する必要があります。\\
 +Linuxのrpmなんかだと、ローテート用のプログラムが用意されてるみたいなんですが、\\
 +FreeBSDはそんなのないので、簡単なシェルを書いてCronで実行するような処理が必要になります。
 +
 +====== MySQLのログをローテート ======
 +
 +/​etc/​newsyslog.confに記述。
 +
 +今回は一週間分、圧縮せずにローテートするよう記述。
 +<​code>​
 + # vi /​etc/​newsyslog.conf
 + ​-----------------追加--------------------
 + /​var/​log/​mysql/​mysql.log ​               660  7    *    @T00   B
 + ​-----------------追加--------------------
 +</​code>​
 +
 +/​etc/​crontabにパーミッション変更とMySQLのflush-logsを実行。
 +<​code>​
 + # vi /​etc/​crontab
 + 01 0 * * * root /​usr/​sbin/​chown mysql /​var/​log/​mysql/​mysql.log ; /​usr/​local/​bin
 + /​mysqladmin -u root -p[MySQLのrootパスワード] flush-logs
 +</​code>​
 +
 +<color red>​※root -p[MySQLのrootパスワード]の個所は-pの後にスペースは入れないようにする。</​color>​
  
02_freebsd/04_database/01_mysql/mysql_logrotate.txt · 最終更新: 2012/12/13 09:18 by matsui

Yesterday:760 Today:047 Total:03617