ユーザ用ツール

サイト用ツール


01_linux:99_その他:78_dmraid_meta削除

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
01_linux:99_その他:78_dmraid_meta削除 [2019/09/04 14:30]
matsui
01_linux:99_その他:78_dmraid_meta削除 [2019/10/17 17:22] (現在)
matsui
ライン 22: ライン 22:
  
 <​code>​ <​code>​
-dd if=/​dev/​zero of=/dev/sdb bs=512 seek=976494592 +Disk /dev/sda: 160.0 GB, 160041885696 bytes 
-dd if=/​dev/​zero of=/dev/sdc bs=512 seek=976494592+255 heads, 63 sectors/​track,​ 19457 cylinders 
 +Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes 
 + 
 +... 
 + 
 +ディスクのセクタサイズは 512 バイトですので、160041885696÷512=31251808セクタ存在することがわかります。このディスクの終わりの部分だけを削除するには、以下のとおりコマンドを入力すると 
 + 
 +dd if=/​dev/​zero of=/dev/sda bs=512 seek=31258100 
 +dd if=/​dev/​zero of=/dev/sdb bs=512 seek=31258100 
 + 
 +とすれば、3125100~31258107セクタの8セクタが/​dev/​zeroで塗りつぶされ、dmraidが勘違いするシグネチャを葬り去ることができます。
 </​code>​ </​code>​
  
01_linux/99_その他/78_dmraid_meta削除.txt · 最終更新: 2019/10/17 17:22 by matsui

Yesterday:270 Today:198 Total:11392