ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー



最近の更新



Tag Cloud

タグ#
6
10
1
3
1
2
17
7
1
1
6
9
4
1
2
186
1
4
2
7
14
5
1
25
2
3
1
6
1
1
34
1
3
3
1
1
1
1
1
1
14
45
7
9
10
5
10
3
2
2
8
2
2
6
3
1
1
4
7
4
3
2
2
1
8
2
4
1
4
24
2
12
2
3
1
1
2
2
1
1
1
4
2
2
4
2
2
1
1
2
1
1
1
2
1
26
2
1
2
2
2
1
1
2
3
12
4
7
1
1
2
10
1
3
1
1
7
1
1
1
1
1
8
1
4
2
1
1
1
3
3
9
1
2
1
1
7
3
1
10
1
1
4
1
2
1
2
7
2
1
3
1
1
3
1
2
1
2
2
2
1
2
3
1
1
3
4
1
3
1
3
3
2
1
1
7
1
3
3
1
1
1
1
5
1
29
2
2
1
2
2
3
1
1
1
2
1
2
1
1
1
3
1
1
1
2
2
2
1
1
1
2
1
1
1

01_linux:99_その他:78_dmraid_meta削除

78 dmraidメタ情報削除

dmraidのメタ情報が残ったままだと、ソフトウェアraidできない。

dmraidコマンドで消す

# dmraid -r -E /dev/sdb
# dmraid -r -E /dev/sdc
# fdisk /dev/sdb
d
w
q

dmraidで消せない場合、その①

# mdadm --zero-superblock /dev/sdb
# mdadm --zero-superblock /dev/sdc

dmraidで消せない場合、その②

Disk /dev/sda: 160.0 GB, 160041885696 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 19457 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

...

ディスクのセクタサイズは 512 バイトですので、160041885696÷512=31251808セクタ存在することがわかります。このディスクの終わりの部分だけを削除するには、以下のとおりコマンドを入力すると

dd if=/dev/zero of=/dev/sda bs=512 seek=31258100
dd if=/dev/zero of=/dev/sdb bs=512 seek=31258100

とすれば、3125100~31258107セクタの8セクタが/dev/zeroで塗りつぶされ、dmraidが勘違いするシグネチャを葬り去ることができます。

インストール時のエラー

Disk sda contains BIOS RAID metadata, but is not part of any recognized BIOS RAID sets. lgnoring disk sda.

対応方法

インストール時にオプションに「nodmraid」を入れると回避できる。

01_linux/99_その他/78_dmraid_meta削除.txt · 最終更新: 2019/10/17 17:22 by matsui

Yesterday:434 Today:187 Total:05649