ユーザ用ツール

サイト用ツール


01_linux:21_centos7:01_network

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
01_linux:21_centos7:01_network [2019/08/05 14:20]
matsui
01_linux:21_centos7:01_network [2019/11/21 11:55] (現在)
matsui [コネクションとデバイスを関連付け]
ライン 22: ライン 22:
 vpn_nic03 ​ tun       ​unmanaged ​ --  ​ vpn_nic03 ​ tun       ​unmanaged ​ --  ​
 </​code>​ </​code>​
 +
 +
 +==== デバイスmanage/​unmanage ====
 +
 +  # nmcli device set  vpn_nic05 managed on
 +  # nmcli device set  vpn_nic05 managed off
 +
 +
 +===== 固定IP =====
 +  # nmcli c modify eth0 ipv4.method manual
  
 ===== IP変更 ===== ===== IP変更 =====
ライン 28: ライン 38:
  
 ==== IPエイリアス ==== ==== IPエイリアス ====
 +
   # nmcli c mod eth1 +ipv4.addresses "​192.168.100.4/​24"​   # nmcli c mod eth1 +ipv4.addresses "​192.168.100.4/​24"​
  
 +=== IPエイリアス消すとき ===
 +
 +  # nmcli c mod eth1 -ipv4.addresses "​192.168.100.4/​24"​
 +  ​
 ===== 自動起動 ===== ===== 自動起動 =====
  
ライン 50: ライン 65:
 ===== DNS ===== ===== DNS =====
  
-  # nmcli c m eth0 ipv4.dns 8.8.8.8 8.8.4.4+  # nmcli c m eth0 ipv4.dns ​"8.8.8.8 8.8.4.4"
   # systemctl restart network   # systemctl restart network
  
ライン 59: ライン 74:
 ==== 複数の場合 ==== ==== 複数の場合 ====
  
 +「+」で追加していく
 +  # nmcli c m eth0 +ipv4.routes "​110.1.251.53/​32 10.15.3.22"​
 +
 +もしくは
 カンマ区切りで登録する。 カンマ区切りで登録する。
   # nmcli c m eth0 ipv4.routes "​210.166.251.53/​32 10.15.3.22, 110.166.251.53/​32 10.15.3.22, 110.1.251.53/​32 10.15.3.22"​   # nmcli c m eth0 ipv4.routes "​210.166.251.53/​32 10.15.3.22, 110.166.251.53/​32 10.15.3.22, 110.1.251.53/​32 10.15.3.22"​
 +
 +=== 消すとき ===
 +  # nmcli c m eth0 -ipv4.routes "​110.1.251.53/​32 10.15.3.22"​
 +
 ===== コネクションとデバイスを関連付け ===== ===== コネクションとデバイスを関連付け =====
 新しくデバイスを追加する場合など 新しくデバイスを追加する場合など
ライン 70: ライン 93:
   # nmcli con add type ethernet ifname eth3 con-name eth3   # nmcli con add type ethernet ifname eth3 con-name eth3
  
-{{tag>​centos7}}+<color #​ed1c24>​※SoftEtherの場合、追加後再起動</​color>​ 
 +SoftEtherの場合、nmcliで認識されない場合がある。 
 +その場合[[50_dialy:​2019:​03:​26]]で直接修正してやると治った。 
 + 
 + 
 +===== Bonding ===== 
 + 
 +<​code>​ 
 +nmcli connection add type bond  autoconnect no con-name ​ bond0 ifname bond0 mode 802.3ad 
 + 
 +nmcli connection add type bond-slave autoconnect no ifname eth0  master bond0 
 +nmcli connection add type bond-slave autoconnect no ifname eth1  master bond0 
 + 
 +nmcli connection modify bond0 ipv4.method manual ipv4.address 192.168.103.101/​16 ipv6.method ignore 
 +</​code>​ 
 + 
 +{{tag>​centos7 ​nmcli}}
01_linux/21_centos7/01_network.1564982426.txt.gz · 最終更新: 2019/08/05 14:20 by matsui

Yesterday:619 Today:090 Total:01883