ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー



最近の更新



Tag Cloud

タグ数量
9
10
1
3
1
2
17
7
1
1
4
13
4
1
2
325
1
9
2
7
21
5
1
31
3
3
1
6
1
1
46
1
3
3
1
1
1
1
1
1
35
46
7
9
10
8
10
3
22
2
9
2
2
6
9
1
1
6
12
4
3
3
2
1
8
2
4
1
6
30
2
12
5
3
1
1
2
3
2
1
3
4
3
3
4
2
2
1
1
2
1
2
1
2
1
27
2
1
3
2
2
1
1
2
3
17
5
9
1
1
2
18
2
6
1
2
12
1
3
1
1
4
12
1
6
4
2
7
1
3
2
13
1
4
1
1
11
3
1
18
3
1
5
1
2
1
1
2
10
2
2
3
2
1
3
1
3
1
2
2
2
1
2
6
1
4
3
5
1
3
1
3
3
2
1
1
30
1
3
3
1
1
1
5
5
1
36
2
4
2
1
2
2
3
1
1
1
4
1
2
1
3
1
1
1
2
5
2
5
2
1
1
1
5
3
2
4
7
1
2
2
27
1
1
3
5
1
1
2
1
1
2
1
1
1
1
2
1
1
1
1
2
20
8
1
7
1
1
3
1
2
2
1
2
1
1
1
1
1
1
2
1
1
2
1
1
1
1
1
1
1
5
2
1
1
2
2
2
1
1
2
1
1
1
12
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
2
1
1
1
1
2
2
01_linux:13_storage:03_zfs_logbias

13 ZFS logbias

デフォルトはlatency、ほとんどの構成でデフォルト値が推奨されます。
logbias=throughput の値を使用すると、データベースファイルの書き込みパフォーマンスが向上する場合があります。

logbias = latency
latencyログデバイス利用する
throughputログデバイス利用しない

ZFSをNFSでマウントして、fioでベンチマークを測った結果

ログデバイスがSSDのミラーという事もあるのか、NFSではlatencyの方が早かった。

zfs set logbias=throughput DataPool

logbias=throughput

write: IOPS=716, BW=2868KiB/s (2937kB/s)(28.3MiB/10089msec)
write: IOPS=781, BW=97.6MiB/s (102MB/s)(984MiB/10077msec)
write: IOPS=600, BW=75.0MiB/s (78.7MB/s)(756MiB/10072msec)
zfs set logbias=latency DataPool

logbias = latency

write: IOPS=1666, BW=208MiB/s (218MB/s)(2091MiB/10036msec)
write: IOPS=1737, BW=217MiB/s (228MB/s)(2178MiB/10028msec)
write: IOPS=1775, BW=222MiB/s (233MB/s)(2226MiB/10028msec)
01_linux/13_storage/03_zfs_logbias.txt · 最終更新: 2022/08/23 14:02 by matsui

Yesterday:565 Today:027 Total:109036