ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー



最近の更新



Tag Cloud

タグ#
6
10
1
3
1
2
17
7
1
1
6
9
4
1
2
183
1
4
2
7
14
5
1
25
2
3
1
6
1
1
33
1
3
3
1
1
1
1
1
1
13
45
7
9
10
5
10
3
2
2
8
2
2
6
3
1
1
4
7
4
2
2
2
1
7
2
4
1
4
24
2
12
2
3
1
1
2
2
1
1
1
4
2
2
4
2
2
1
1
2
1
1
1
2
1
26
2
1
2
2
2
1
1
2
3
12
4
7
1
1
2
10
1
3
1
1
7
1
1
1
1
1
8
1
4
2
1
1
1
3
3
5
1
2
1
1
7
3
1
10
1
1
4
1
2
1
2
7
2
1
3
1
1
3
1
2
1
2
2
2
1
2
3
1
1
3
2
1
3
1
3
3
2
1
1
7
1
3
3
1
1
1
1
5
1
27
2
1
2
1
2
2
3
1
1
1
2
1
2
1
1
1
3
1
1
1
2
2
2
1
1
1
1
1

01_linux:08_仮想化:10_lvm_backup

10 LVM 丸ごとバックアップ

ホストHVとゲストVMのVGが重複するので、ホストHVのVG名はデフォルトの「VolGroup00」から変更しておいたほうが便利

スナップショット作成
# lvcreate -s -L 5G -n snap-Vol1001 /dev/VolG00/Vol1001

作成したスナップショットに対し、kpartx
# kpartx -p X -a /dev/VolG00/snap-Vol1001

lvs でsnap-Vol1001内のLVSが見えるように鳴るので、lvchange
# lvchange -ay /dev/VolGroup/lv_root

マウント
# mount /dev/mapper/VolGroup-lv_root /mnt/snap/
# mount /dev/mapper/VolG00-snap--Vol1001X1 /mnt/snap/boot/

バックアップ
# tar -C /mnt/snap --sparse --one-file-system -zcp --numeric-owner --xattrs . | cat > ./Vol1001.backup

アンマウント
# umount /mnt/snap/boot/
# umount /mnt/snap/
# lvchange -ay /dev/VolGroup/lv_root
# kpartx -p X -d /dev/VolG00/snap-Vol1001

ただスナップショットを復元

# lvconvert --merge /dev/VolG00/snap-Vol1001
,
01_linux/08_仮想化/10_lvm_backup.txt · 最終更新: 2019/11/19 16:47 by matsui

Yesterday:619 Today:090 Total:01883