ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー



最近の更新



Tag Cloud

タグ#
6
10
1
3
1
2
17
7
1
1
6
9
4
1
2
182
1
4
2
7
13
5
1
25
2
3
1
6
1
1
33
1
3
3
1
1
1
1
1
1
13
45
7
9
10
5
10
3
2
2
8
2
2
6
3
1
1
4
7
4
2
2
2
1
7
2
4
1
3
23
2
12
2
3
1
1
2
2
1
1
1
4
2
2
4
2
2
1
1
2
1
1
1
2
1
26
2
1
2
2
2
1
1
2
3
12
4
7
1
1
2
9
1
3
1
1
7
1
1
1
1
1
8
1
4
2
1
1
1
3
3
4
1
2
1
1
7
3
1
10
1
1
4
1
2
1
2
7
2
1
3
1
1
3
1
2
1
2
2
2
1
2
3
1
1
3
2
1
3
1
1
3
2
1
1
7
1
3
3
1
1
1
1
5
1
27
2
1
2
1
2
2
3
1
1
1
2
1
2
1
1
1
1
1
1
1
2
2
2
1
1

01_linux:04_監視:smartdでディスク監視

smartdでディスク監視

smartdでのディスク監視設定をしておく事によって、

ディスクの障害時に自動でアラートメールを飛ばしてくれる。

アラートの飛び先は「disk-alert@flateight.com」に統一する。

インストール

※CentOSではデフォルトでインストールされている。

 # yum -y install smartmontools

自動起動がOnになっている事を確認

 # chkconfig --list|grep smartd
 smartd          0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

起動

 # service smartd restart

設定ファイル編集

該当のディスク監視オプションで追加する。

※確認方法は以下の「確認のコマンド」で

 # vi /etc/smartd.conf
 -------- 下記追加 -----------------
 /dev/sda -a -m disk-alert@flateight.com

確認のコマンド

3wareの場合

 #smartctl -t long -d 3ware,0 -a /dev/twa0
 #smartctl -t long -d 3ware,1 -a /dev/twa0
 #smartctl -t long -d 3ware,2 -a /dev/twa0
 #smartctl -t long -d 3ware,3 -a /dev/twa0

Acaptechの場合

http://www.cyberciti.biz/faq/linux-checking-sas-sata-disks-behind-adaptec-raid-controllers/

自己診断テスト

smartctlコマンドの自己診断実行モードは、short , long , conveyance の3種類があります。

short簡単なテスト。(1分くらい)
long長いテスト。(1〜数時間かかります)
conveyance輸送中に障害が起きやすいセクタをテストする。

smartctl -t long /dev/sda
smartctl -t short /dev/sda

その後下記のコマンドで、結果表示

ATAディスクの場合

 # smartctl -d ata -a /dev/hda

SASの場合

 # smartctl -d sas -a /dev/sda
01_linux/04_監視/smartdでディスク監視.txt · 最終更新: 2019/09/26 09:12 by matsui

Yesterday:165 Today:149 Total:06464