ユーザ用ツール

サイト用ツール


01_linux:03_mail:13_centos6_mail

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
01_linux:03_mail:13_centos6_mail [2019/05/29 16:08]
matsui
01_linux:03_mail:13_centos6_mail [2020/05/22 09:59] (現在)
matsui
ライン 216: ライン 216:
 最下に下記追加 最下に下記追加
 <​code>​ <​code>​
 +# smtp-amavis:​[127.0.0.1]:​10024
 smtp-amavis unix -    -    n    -    2  smtp smtp-amavis unix -    -    n    -    2  smtp
     -o smtp_data_done_timeout=1200     -o smtp_data_done_timeout=1200
ライン 324: ライン 325:
 exclude=postgrey* exclude=postgrey*
 </​code>​ </​code>​
 +
 +==== Postgreyのホワイトリスト ====
 +
 +Postgreyのホワイトリストは、デフォルトで以下です。
 +<​code>​
 +  --whitelist-clients=FILE デフォルト:​ /​etc/​postfix/​postgrey_whitelist_clients
 +  --whitelist-recipients=FILE デフォルト:​ /​etc/​postfix/​postgrey_whitelist_recipients
 +</​code>​
 +
 +[[https://​prev.net-newbie.com/​trans/​postgrey.8.html]]
 +
 +手動で追加する場合、以下に書き込みpostgreyのリロードが必要
 +  /​etc/​postfix/​postgrey_whitelist_clients.local
 +  /​etc/​init.d/​postgrey reload
  
  
ライン 376: ライン 391:
 $sa_spam_subject_tag ​     = '​***SPAM*** '; ​  <- SPAMと判定したメールの件名に追加させる文字列 $sa_spam_subject_tag ​     = '​***SPAM*** '; ​  <- SPAMと判定したメールの件名に追加させる文字列
  
 +#​$final_bad_header_destiny = D_BOUNCE; ​ ヘッダチェックをスルーする。(Blocked BAD-HEADER-0)
 +$final_bad_header_destiny = D_PASS;
 </​code>​ </​code>​
  
01_linux/03_mail/13_centos6_mail.1559113733.txt.gz · 最終更新: 2019/05/29 16:08 by matsui

Yesterday:976 Today:916 Total:02058