ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー



最近の更新



Tag Cloud

タグ#
6
10
1
3
1
2
17
7
1
1
6
9
4
1
2
181
1
4
2
7
12
5
1
25
2
3
1
6
1
1
33
1
3
3
1
1
1
1
1
1
13
45
7
9
10
5
10
3
2
2
8
2
2
6
3
1
1
4
7
4
2
2
2
1
7
2
4
1
2
23
2
12
2
3
1
1
2
2
1
1
1
4
2
2
4
2
2
1
1
2
1
1
1
2
1
26
2
1
2
2
2
1
1
2
3
12
4
7
1
1
2
9
1
3
1
1
7
1
1
1
1
1
8
1
4
1
2
1
1
1
3
3
4
1
2
1
1
7
3
1
10
1
1
4
1
2
1
2
7
2
1
3
1
1
3
1
2
1
2
2
2
1
2
3
1
1
3
2
1
3
1
1
3
2
1
1
7
1
3
3
1
1
1
1
5
1
27
2
1
2
1
2
2
3
1
1
1
2
1
2
1
1
1
1
1
1
1
2
2
2
1

01_linux:01_net:ipmi

IPMIコマンド

ipmitool インストール

yum install OpenIPMI-tools

書式

ipmitool -I lanplus -H ホスト名 -U ユーザー名 [-P パスワード] コマンド

コマンド

コマンド 説明
power status電源の状態を確認する
power on電源をオンにする
power off電源をオフにする
power reset電源を再起動する
power softOS からシャットダウンさせる
sol activateシリアル接続する
sol deactivateシリアル接続を解除する
lan printIPMI の IP 情報などを表示する
shellshell のようなインタラクティブモードに入る
sdrハードウェア情報を表示する
sensorセンサー情報を取得する
fru printシリアルナンバーや筐体のモデル名、ベンダーなどのハードウェア情報を取得

下記のエラーの場合は、deactivateする

Info: SOL payload already active on another session

※コンソール画面を閉じたいときには、~ . と入力します。

リモートのサーバへ SSH 経由でログインしてそこから ipmitool を使っている SSH 接続ごと落ちる。

コンソールにログイン

ipmitool -I lanplus -U root -P '' -H 192.168.xx.xx sol activate

電源ON

ipmitool -I lanplus -U root -H 192.168.xx.xx chassis power on

電源OFF

ipmitool -I lanplus -U root -H 192.168.xx.xx chassis power off

sol activate時サーバ側設定

grub.confのkernel行の後ろに「console=tty0 console=ttyS0,115200n8」を追加
※ttyS*の数字は、KVMコンソールが利用しない方を選ぶ
例として、DL360は1 でDL170は0だった。

カーネルバージョン選択画面表示

splashimageとhiddenmenuはコメントアウトしてterminalとserialの行を追加します。
kernelの行でrhgb quietがあった場合は削って、console=の2つを加えると良い。

例:

splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
hiddenmenu
title CentOS (2.6.32-642.13.1.el6.x86_64)
	root (hd0,0)
	kernel /vmlinuz-2.6.32-642.13.1.el6.x86_64 ro root=/dev/mapper/VolG00-LogVol01 rd_NO_LUKS LANG=en_US.UTF-8 rd_NO_MD SYSFONT=latarcyrheb-sun16 crashkernel=auto  KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=jp106 rd_LVM_LV=VolG00/LogVol01 rd_LVM_LV=VolG00/LogVol00 rd_NO_DM rhgb quiet
	initrd /initramfs-2.6.32-642.13.1.el6.x86_64.img
title CentOS 6 (2.6.32-642.6.2.el6.x86_64)

   ↓  ↓

terminal --timeout=5 serial console
serial --speed=115200 --unit=1 --word=8 --parity=no --stop=1
#splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
#hiddenmenu
title CentOS (2.6.32-642.13.1.el6.x86_64)
	root (hd0,0)
	kernel /vmlinuz-2.6.32-642.13.1.el6.x86_64 ro root=/dev/mapper/VolG00-LogVol01 rd_NO_LUKS LANG=en_US.UTF-8 rd_NO_MD SYSFONT=latarcyrheb-sun16 crashkernel=auto  KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=jp106 rd_LVM_LV=VolG00/LogVol01 rd_LVM_LV=VolG00/LogVol00 rd_NO_DM rhgb quiet console=tty0 console=ttyS0,115200n8
	initrd /initramfs-2.6.32-642.13.1.el6.x86_64.img
title CentOS 6 (2.6.32-642.6.2.el6.x86_64)

補足1.

カーネルパラメータ

ttyS<n>[,options]
   Use the specified serial port.  The options are of
   the form "bbbbpnf", where "bbbb" is the baud rate,
   "p" is parity ("n", "o", or "e"), "n" is number of
    bits, and "f" is flow control ("r" for RTS or
    omit it).  Default is "9600n8".

consoleの値は、ttyS<n>[,bbbbpnf]というフォーマットで記述しろと書かれている。ここで、ttyS<n>は、シリアル通信に利用するデバイスの指定であり、bbbbはボーレート、pはパリティ、nはデータビット数、fはフロー制御指定である。
今回の指定値の場合、“デバイスはttyS2、ボーレート115200、パリティなし、データビット8ビット、フロー制御なし”となる。

補足2.

DL170のBIOSシリアルコンソール設定方法
https://h50146.www5.hpe.com/lib/products/servers/proliant/manuals/616302-193-j.pdf

起動時 F10 を押してBIOSセットアップユーティリティへ

[Advanced] -> [IPMI Configuration] -> [Serial Port Configuration]
[Serial Port Assignment] - [BMC]
[Serial Port Switching] - [Enabled]
[Serial Port Connection Mode] - [Direct]

[Advanced] -> [Remote Access Configuration] -> [BIOS Serial Console][Enable]
Base Address/IRQ - 3F8h, 4
Serial Port Mode - 9600 8, n, 1
Flow Control - None
Redirection after BIOS/POST - Enabled
Terminal Type - VT100

BIOS セットアップユーティリティへのアクセスとファンクションキーの使用
http://sudarabuch.blog65.fc2.com/blog-entry-70.html

サーバ上から実行

管理コントローラーのリセット

ipmitool mc reset [ warm | cold ]

ファームウェアバージョンの確認

ipmitool mc info
01_linux/01_net/ipmi.txt · 最終更新: 2019/08/29 18:11 by matsui

Yesterday:289 Today:138 Total:00724