ユーザ用ツール

サイト用ツール


01_linux:01_net:bonding

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
01_linux:01_net:bonding [2016/11/18 15:13]
matsui
01_linux:01_net:bonding [2016/11/18 15:14] (現在)
matsui
ライン 1: ライン 1:
 +====== bonding ======
  
 +===== ①bonding ドライバ設定 =====
 +
 +
 +=== CentOS 5/6 ===
 +
 +/​etc/​modprobe.d/​bonding
 +  alias bond0 bonding
 +
 +=== CentOS 4 ===
 +
 +/​etc/​modprobe.d/​bonding ドライバのオプションも書く。
 +  alias bond0 bonding
 +  options bond0 mode=0 miimon=100
 +
 +===== ②bonding デバイスの設定 =====
 +
 +=== ifcfg-eth0 ===
 +
 +  DEVICE=eth0
 +  BOOTPROTO=none
 +  HWADDR=xx:​xx:​xx:​xx:​xx:​xx
 +  MASTER=bond0
 +  SLAVE=yes
 +
 +=== ifcfg-eth1 ===
 +
 +  DEVICE=eth1
 +  BOOTPROTO=none
 +  HWADDR=yy:​yy:​yy:​yy:​yy:​yy
 +  MASTER=bond0
 +  SLAVE=yes
 +
 +=== ifcfg-bond0 ===
 +
 +  DEVICE=bond0
 +  BOOTPROTO=static
 +  IPADDR=192.168.1.100
 +  NETMASK=255.255.255.0
 +  ONBOOT=yes
 +  TYPE=Ethernet
 +  BONDING_OPTS="​mode=0 miimon=100"​
 +
 +----
 +  * CentOS 5/6 では、ifcfg-bond0 に boinding ドライバのオプション設定(BONDING_OPTS)を書く。
 +  * CentOS 4 では、ifcfg-bond0 に BONDING_OPTS を書いても設定が反映されない。
 +
 +===== ③IPエイリアス(IPの複数割り当て) =====
 +
 +=== ifcfg-bond0:​1 ===
 +
 +  DEVICE=bond0:​1
 +  IPADDR=192.168.1.101
 +  NETMASK=255.255.255.0
 +  ONBOOT=yes
 +  BOOTPROTO=static
 +
 +[[http://​www.maruko2.com/​mw/​CentOS/​NICの冗長化(bonding設定)|http://​www.maruko2.com/​mw/​CentOS/​NICの冗長化(bonding設定)]]
 +
 +
 +===== 複数のBondingインタフェース毎にmodeを分ける場合 =====
 +
 +=== modprobe.conf ===
 +もしくは/​etc/​modprobe.d/​bonding.conf(Cent6) にaliasの設定のみ記述
 +options は記述しない。
 +
 +  alias bond0 bonding
 +  alias bond1 bonding
 +
 +=== ifcfg-bond0 ===
 +各インタフェースにモードを記述
 +
 +  BONDING_OPTS='​mode=4 miimon=5000 xmit_hash_policy=layer2+3'​
 +
 +=== ifcfg-bond1 ===
 +各インタフェースにモードを記述
 +
 +  BONDING_OPTS='​mode=0 miimon=1000'​
 +
 +{{tag>​bonding}}
01_linux/01_net/bonding.txt · 最終更新: 2016/11/18 15:14 by matsui

Yesterday:1378 Today:136 Total:01514