ユーザ用ツール

サイト用ツール


01_linux:01_net:40_centos_vlan_tag

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
01_linux:01_net:40_centos_vlan_tag [2014/03/10 10:52]
matsui [③network-scriptを設定]
01_linux:01_net:40_centos_vlan_tag [2014/03/10 15:52] (現在)
matsui [④Bondig + VLAN で設定]
ライン 1: ライン 1:
 +====== 40 CentOS VLAN tag ======
  
 +IEEE802.1QVLANタグを利用する。
 +
 +===== ①.モジュールの確認 =====
 +
 +<code console>
 +# lsmod  | grep 8021q
 +8021q                  58449  2 cxgb3,igb
 +</​code>​
 +
 +=== モジュールがロードされてない場合は、以下のコマンドでロード ===
 +
 +<code console>
 +# modprobe 8021q
 +</​code>​
 +
 +===== ②.vconfigコマンドで設定 =====
 +
 +==== 1.VLANインターフェース追加 ====
 +
 +<box left orange round>
 +vconfig add 物理インターフェース VLAN番号
 +</​box>​
 +
 +=== VLANタグ番号210を追加 ===
 +
 +<code console>
 +# vconfig add eth0 210
 +</​code>​
 +
 +==== 2.IPアドレスの追加 ====
 +
 +追加したVLANインターフェースにIPを追加して通信を確認してみる。
 +<code console>
 +# ifconfig eth0.210 10.11.12.13 netmask 255.255.255.0
 +</​code>​
 +
 +==== 3.VLANインターフェース削除 ====
 +
 +<box left orange round>
 +vconfig rem 物理インターフェース.VLAN番号
 +</​box>​
 +
 +=== VLANタグ番号210を削除 ===
 +
 +<code console>
 +vconfig rem eth0.210
 +</​code>​
 +
 +==== 4.VLANの確認 ====
 +
 +<code console>
 +# cat /​proc/​net/​vlan/​config ​
 +VLAN Dev name | VLAN ID
 +Name-Type: VLAN_NAME_TYPE_RAW_PLUS_VID_NO_PAD
 +eth0.210 ​      | 210  | eth0
 +</​code>​
 +
 +
 +===== ③network-scriptを設定 =====
 +
 +vconfigコマンドで、VLANタグが使える事が確認できたら実際に設定ファイルを用意する。
 +
 +<color red>​※**/​etc/​sysconfig/​network-script/​** 配下で作業</​color>​
 +
 +=== 0./​etc/​sysconfig/​network へ以下を追加 ===
 +<​code>​
 +VLAN=yes
 +VLAN_NAME_TYPE=DEV_PLUS_VID_NO_PAD
 +</​code>​
 +
 +=== 1.eth0は、インターフェースだけ用意 ===
 +
 +<code console>
 +# cat ifcfg-eth0
 +
 +DEVICE=eth0
 +BOOTPROTO=none
 +ONBOOT=yes
 +HWADDR=00:​XX:​XX:​XX:​XX:​XX
 +</​code>​
 +
 +=== 2.VLANインターフェースを作成 ===
 +PHYSDEVで、物理インターフェースを指定
 +
 +<code console>
 +# cat ifcfg-eth0.210
 +
 +DEVICE=eth0.210
 +BOOTPROTO=static
 +ONBOOT=yes
 +PHYSDEV=eth0
 +IPADDR=10.11.12.13
 +NETMASK=255.255.255.0
 +</​code>​
 +
 +
 +=== 3.設定が完了したらネットワーク再起動 ===
 +
 +ネットワーク再起動後に正しくVLANタグで通信できるか確認する。
 +<code console>
 +# /​etc/​init.d/​network restart
 +</​code>​
 +
 +
 +===== ④Bondig + VLAN で設定 =====
 +
 +=== 1.Bondingインターフェースを用意 ===
 +
 +[[01_linux:​01_net:​bonding|Bonding設定]] でBondingインターフェースを用意
 +
 +=== 2.bond0はインターフェースだけ用意 ===
 +
 +<code console>
 +# cat ifcfg-bond0
 +
 +DEVICE=bond0
 +BOOTPROTO=none
 +ONBOOT=yes
 +</​code>​
 +
 +=== 3.VLANインターフェース用意 ===
 +
 +<code console>
 +# cat ifcfg-bond0.210 ​
 +
 +DEVICE=bond0.210
 +PHYSDEV=bond0
 +BOOTPROTO=static
 +ONBOOT=yes
 +IPADDR=10.11.12.13
 +NETMASK=255.255.255.0
 +</​code>​
01_linux/01_net/40_centos_vlan_tag.txt · 最終更新: 2014/03/10 15:52 by matsui

Yesterday:1603 Today:713 Total:07833