ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー



最近の更新



Tag Cloud

タグ#
8
10
1
3
1
2
17
7
1
1
4
13
4
1
2
279
1
8
2
7
17
5
1
30
3
3
1
6
1
1
44
1
3
3
1
1
1
1
1
1
32
46
7
9
10
7
10
3
3
2
9
2
2
6
6
1
1
5
10
4
3
3
2
1
8
2
4
1
6
30
2
12
2
3
1
1
2
3
1
1
2
4
3
2
4
2
2
1
1
2
1
2
1
2
1
27
2
1
2
2
2
1
1
2
3
15
5
8
1
1
2
14
2
6
1
2
12
1
2
1
1
4
10
1
6
2
1
6
1
3
3
11
1
2
1
1
10
3
1
14
1
1
4
1
2
1
2
9
2
2
3
1
1
3
1
2
1
2
2
2
1
2
3
1
4
3
4
1
3
1
3
3
2
1
1
30
1
3
3
1
1
1
3
5
1
35
2
3
2
1
2
2
3
1
1
1
4
1
2
1
3
1
1
1
2
5
2
5
2
1
1
1
5
3
2
4
2
1
2
1
19
1
1
3
4
1
1
2
1
1
2
1
1
1
1
2
1
1
1
1
1
9
6
1
3
1
1
3
1
1
1
1
2
1
1
1
1
1
1
2
01_linux:01_net:32_centosでiscsi環境構築

32_CentOSでiSCSI環境構築

環境

iSCSIサーバ(iscsi-target)側

IP: 192.168.10.200

iSCSIクライアント(iscsi-initiator)側

IP: 192.168.10.101

①iSCSIサーバ(iscsi-target)側

1.iscsiイニシエータの用意

インストール

# yum install scsi-target-utils

起動

# /etc/init.d/tgtd start

自動起動

# chkconfig tgtd on

2.iscsiターゲットの設定

大容量ディスクにパーティションをついかは
35 GPT対応大容量ディスクにパーティションを追加(parted)

iscsiターゲットの作成

scsiターゲット名はユニークな名称である必要があります。
基本的に右記形式で振った: iqn.年-月.ドメイン名:任意の名前

 # tgtadm --lld iscsi --op new --mode target --tid 0 --targetname iqn.2014-03.storage-server:sdb1

物理デバイス登録

# tgtadm --lld iscsi --op new --mode logicalunit --tid 0 --lun 1 --backing-store /dev/sdb1

ターゲットへのアクセス許可

# tgtadm --lld iscsi --op bind --mode target --tid 0 --initiator-address 192.168.10.101

# tgtadm --lld iscsi --op bind --mode target --tid 0 --initiator-address 192.168.10.0/24
全て許可の場合
# tgtadm --lld iscsi --op bind --mode=target --tid 0 --initiator-address ALL
ACL削除

bind を unbindにすると削除

# tgtadm --lld iscsi --op unbind --mode=target --tid 0 --initiator-address ALL

ファイアウォールの設定

tgtdデーモンは「tcp:3260」をLISTENします。 必要に応じてiptablesを変更してください。
※全ての接続を許可する場合には、IPアドレスではなく “ALL” を指定する

登録されているターゲットの確認

# tgtadm --lld iscsi --op show --mode target

こちらでも確認できる

# tgt-admin -s

起動時に自動で読み込まれるように

下記で現在の設定をtargets.confのフォーマットで出力してくれる。
※細かな設定はアウトプットされなので、後は自分で調整する

# tgt-admin --dump > /etc/tgt/targets.conf

もしくは、rc.localにコマンドを書き込んでやってもよいと思う

②iSCSIクライアント(iscsi-initiator)側

31 iscsid で接続してあげる

③LUNの削除

CentOS6

31 iscsid でログアウト、削除

設定をダンプ

# tgt-admin --dump > /etc/tgt/targets.conf

下記部分を消す

<target iqn.tgt1001:sdb10>
      initiator-address 10.15.201.0/24
      initiator-address 192.168.201.0/24
</target>

設定リロード

# tgt-admin --update ALL

CentOS7

LUN削除

# tgtadm --lld iscsi --op delete --mode logicalunit --tid 1 --lun 10

ターゲット削除

# tgtadm --lld iscsi --op delete --mode target --tid 1

削除を確認

# tgt-admin --show
01_linux/01_net/32_centosでiscsi環境構築.txt · 最終更新: 2021/07/05 13:52 by matsui

Yesterday:1310 Today:133 Total:145807