ユーザ用ツール

サイト用ツール


01_linux:01_net:06_sshd鍵

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
01_linux:01_net:06_sshd鍵 [2014/04/04 16:34]
matsui
01_linux:01_net:06_sshd鍵 [2015/12/04 12:39] (現在)
matsui
ライン 1: ライン 1:
 +====== 06 sshでパスワードなしにログインするには ======
  
 +^ログイン元||
 +|ホスト名|ssh-host01|
 +|IP|192.168.10.20|
 +|ユーザ|hoge2|
 +
 +^リモート側||
 +|ホスト名|ssh-host02|
 +|IP|192.168.10.50|
 +|ユーザ|hoge5|
 +
 +===== ①ログイン元で鍵作成 =====
 +
 +下記で、$HOME/​.ssh/​ディレクトリに秘密鍵(id_rsa)と公開鍵(id_rsa.pub)が作成される。
 +
 +<color red>​※ログイン元(ユーザ:​hoge2)のユーザで作成</​color>​
 +
 +<code console>
 +hoge2@ssh-host01 $ ssh-keygen -t rsa ←RSA暗号方式の鍵を作成
 +Generating public/​private rsa key pair.
 +Enter file in which to save the key (/​home/​nori/​.ssh/​id_rsa):​ ←[Enter]キー
 +Enter passphrase (empty for no passphrase):​ ←パスフレーズを入力
 +Enter same passphrase again:​ ←同じパスフレーズを入力
 +Your identification has been saved in /​home/​nori/​.ssh/​id_rsa.
 +Your public key has been saved in /​home/​nori/​.ssh/​id_rsa.pub.
 +The key fingerprint is:
 +f9:​81:​b6:​c7:​8f:​b9:​aa:​3e:​0e:​c6:​bd:​35:​19:​a1:​1e:​06 nori@pandora
 +</​code>​
 +
 +
 +===== ②リモート側で公開鍵をコピー =====
 +
 +
 +次に、リモート側で、先ほど作成した公開鍵を ~/​.ssh/​authorized_keysに追加し、パーミッションを600に変更する。
 +
 +<color red>​※ログイン元(ユーザ:​hoge5)のユーザで作成</​color>​
 +<code console>
 +hoge5@ssh-host02 $ cat id_rsa.pub >> $HOME/​.ssh/​authorized_keys
 +hoge5@ssh-host01 $ chmod 600 $HOME/​.ssh/​authorized_keys
 +</​code>​
 +
 +
 +===== ③ログイン確認 =====
 +
 +ログイン元(ユーザ:​hoge2)から、リモート側(ユーザ:​hoge5)へsshし鍵でログインできる事を確認
 +
 +<code console>
 +hoge2@ssh-host01 $ ssh hoge5@[リモート側IP]
 +</​code>​
 +
 +
 +{{tag>​ssh}}
01_linux/01_net/06_sshd鍵.txt · 最終更新: 2015/12/04 12:39 by matsui

Yesterday:185 Today:231 Total:00416